Weblog in Japanese

APECSS CfP ‘Health, Well-being, and Old Age in Early Christianity’

The Asia-Pacific Early Christian Studies Society invites proposals for papers to be delivered at its twelfth annual conference to be held at Tsushima Campus, Okayama University, Okayama, Japan, from Thursday morning, 13 September to Saturday afternoon, 15 September, 2018, convened by Kazuhiko Demura. Papers are 30 minutes in duration (20 minutes delivery and 10 minutes for discussion). The Society welcomes all proposals that explore any theme relevant to the early Christian world from the New Testament to the end of Late Antiquity, and especially those that focus on this year’s theme: Health, Well-being, and Old Age in Early Christianity.

Early Christians were conscious of the impact of health and ageing on well-being. Physical old age could be both a blessing and curse. Health could be both desired and despised. They held a holistic concept of the notion of well-being, understanding it not only in physical, but spiritual terms also. In many instances well-being was viewed through the perspective of eschatology and soteriology, often in an ascetical or psychagogic context, with many Christian writers asserting the superiority of the spiritual over the physical. The relationship between body and soul, sickness and health, youth and maturity, sin and grace, was key to the promotion of a true understanding of Christian well-being. At the same time one should not dismiss insights early Christians provided on the physical aspects of health and old age.

A 150-word abstract should be sent by 30 April, 2018 to Prof. Kazuhiko Demura (demura@okayama-u.ac.jp) and Dr. Geoffrey D. Dunn (geoffrey.dunn@acu.edu.au). Further questions can be addressed to Prof. Demura. Other proposals besides the conference theme are most welcome. Papers are presented in English (or other languages as appropriate). Our practice is that conference presenters distribute copies of their papers (minus notes) in English to participants to minimise language difficulties. Presenters need to bring their own copies for distribution. Registration forms and further details will be available soon on this website shortly. There will be an opportunity for some cultural event in Okayama on Thursday afternoon. A conference dinner will be held on Friday 14 September.

For more information, go to the APECSS website https://apecss.wixsite.com/apecss/next-conference.

Conference talk @ APECSS 2017 Melbourne

今回で11回目となった APECSS (Asia-Pacific Early Christian Studies) Conference に参加するためメルボルンに赴きました。学会テーマは、Responses to Conflict in Early Christianity、学会二日目のセッション 1B において研究成果を発表しました。論文タイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “Tertullian’s Understanding of Sacred Places and the Differentiation of Christians from Pagans”.

滞在したホテルからの眺め〔滞在したホテルからの眺め〕

22日夕方からの学会にさきだって、昨年からはじまった研究プロジェクトの打ち合わせが行なわれたので、学会会場と通りをはさんで向かいのビルに空港から直接向かいました。古代末期に向かう時代のなかでユートピア概念の変遷を検討するこのプロジェクトにおいては、ヒエロニムスのテクスト群を考察するという役割を果たすことを求められているので、その点についての現段階での簡単な報告をしました。ヒエロニムスの分析の一端は、来年の ASCS Conference において試みるつもりです。

発表については、想定された質問がでたので、それに答えることになったのですが、いつも注意すべきであって今回できなかったのは、質問に答えすぎたというか、シンプルに質問に答えることができなかったということです。限られた質疑の時間のなかで説明過多にならず、相手の論点をさらに引きだす、また他の人からの質問を促すかたちでの簡潔な答えを述べるにとどめることの大切さをあらためて実感しました。

木曜日の夜に羽田を発ち、金曜・土曜・日曜の学会の後に、月曜の朝メルボルンを出国、夕方成田到着、夜に自宅到着という慌ただしいスケジュールでした。久しぶりにオーストラリアの友人たちと出会って、カンファレンス・ディナーをふくめて、いろいろと話し合うことができたのは大きな刺激となりました。少しづつとはいえ、APECSS に日本から新たに参加する人たちが出てきているのは嬉しいことです。

Conference talk @ Leuven 2017

シカゴで開かれた NAPS から一旦成田にもどり、ブリュッセルへのフライト後にルーヴァンへ移動。参加した国際学会 ‘Ocularism and the Metaphysics of Light’ において研究成果を発表しました。論文タイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “Tertullian and the Beginning of the Metaphysics of Light in North African Christianity”.

Romero Room〔Romero Room〕

これまでヨーロッパ大陸へはトランジットの関係で何回かパリの CDG に立ち寄りましたが、はじめての訪問でした。NAPS で知り合った Matthew のオーガナイズする学会ということで申し込み、KUL の神学部内の Romero Room という部屋で開かれた学会でした。発表の後のディスカッションでは、キリスト論との関係、また古代の認識論との関係という難しい質問を受けて、あらためてこの問題に取り組む困難さを思い知らされました。Matthew とは発表後にこのプロジェクトの公刊見通しにかんして説明を受け、論文の改稿について見通しを立てることになりました。

この学会は当初のもくろみから外れて、4日間の国際学会から1日だけの学会へとダウンサイズしてしまいました。それ自体残念だったのですが、それにもかかわらず参加すると表明したところ、Matthew や Prof. Anthony Dupont が大変に気を遣ってくれて、のこりの滞在期間に神学部図書館でデータベースにアクセスして、論文・資料調査を行ないたいというこちらの希望をかなえてくれたばかりか、時間を割いてランチに付き合ってくれたり、Matthew はベギン会大修道院を半日案内してくれました。Anthony によれば、大学は試験期間中で学生は大半帰省しているとのことでしたが、それもあってすこし閑散とした趣のある街中を歩き回ったのはよい経験でした。駅前にとったホテルから少し歩いたところにあった Peeters の本屋では、言われてみれば当然ですが、さほど広くない空間に初期キリスト教、教父学、聖書学の書物が棚に並んでいるのをながめて驚きました。

Maurits Sabbe Bibliotheek〔Maurits Sabbe Bibliotheek〕
Groot Begijnhof〔Groot Begijnhof〕

Conference talk @ NAPS 2017 Chicago

シカゴで開かれた NAPS (25–27 May 2017) の二日目のセッション Religion/Medicine において、研究成果を発表しました。論文タイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “Tertullian’s Approach to Medicine and the Care of Souls”.

Chicago 2017〔夜のシカゴ〕

会場がハイアットに移ってから2回目の NAPS でした。ワーキンググループ ReMeDHe (Working group for Religion, Medicine, Disability, Health, and Healing in Late Antiquity) が主催したセッションに参加し、テルトゥリアヌスの初期と中期著作における問題への取り組みについて考察しました。フロアからの質問を踏まえて、今回の発表を改稿し、南アのクリスがエディタをつとめる雑誌への寄稿を約束しました。

シカゴに参加した後は、例年であればカナダの教父学会につづいて参加するのですが、今回はいったん成田に戻って、その後はベルギーへと移動することになりました。どうしても大陸間周遊券なるものをとれなかったからです。移動のあいだも、ちょうど編集段階に入っていた教父研究会の欧文号の寄稿論文の編集作業に取り組まざるをえず、シカゴから成田に戻る機内でも LaTeX ファイルをチェックしていました。成田の全日空のホテルの泊まった部屋から見えたのは、空港そばとは思えない光景でした。

Narita Hotel〔成田のホテル〕

Conference talk @ Canterbury UK

英国カンタベリーの大聖堂隣接のカンタベリー・カテドラル・ロッジにおいて開かれた国際研究集会 Ancient Thought from a Global Perspective: Human Freedom and Dignity (26-28 February) において、遂行中の科研費にもとづく研究成果を発表しました。学会最終日のセッションにおいて話した論文のタイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “The reception and (dis-)assimilation of patristic literature in early modern Japan”.

Canterbury 2016〔Canterbury Cathedral midnight〕

 学会オーガナイザの Prof. Karla Pollmann の招待によって、カンタベリー大聖堂のすぐ南にあるロッジで開かれた研究集会、あわせて学会前日に開かれた Post-Doctoral Fellow 主体のセミナーに参加し、また小規模のあつまりであったこともあり、濃密な議論の空間を享受することができました。オリゲネスの受容史を主題とする EU ベースのプロジェクトにリンクしているこの学会に参加した研究者は、英国、デンマーク、ロシア、ドイツ、イタリア、スペイン、ブラジル、チェコ、ハンガリー、日本、と多国籍で、今日のヨーロッパを中心とした人文学の交流の一端を覗くことができました。
 初日午前に、近くのアウグスティヌス修道院跡を訪ねることができたのも幸運でした。ハイシーズンでなかったので、土日しか空いてないということで、霧雨の煙るなか6世紀以来の遺構ののこる場所を堪能しました。二日目午後には、大聖堂のアーカイヴと図書館に案内され、アルキヴィストの Mrs Cressida Williams による特別講義を受けました。古刊本修復の現場に立ち合い、この地において「雁皮」という言葉が発せられる場面に出くわしたのも一興でした。
 発表した論文について、刊行予定の論文集への投稿を誘われたのはよかったですが、なによりも発表後の議論のなかで今後検討すべき課題について有益な示唆を受けとることができたのが、この学会参加の収穫であったと言えるでしょう。

Conference talk @ Pingtung Taiwan

臺灣・屏東の国立屏東大学において開かれた第10回 International Conference of the Taiwan Association of Classical, Medieval and Renaissance Studies = TACMARS (21-22 October) において、研究成果を発表しました。学会2日目のセッションにおいて話した論文のタイトルは、つぎの通りです。

  • Naoki Kamimura, “Augustine on Friendship: Some Remarks on the Letters with Christian and Pagan Intellectuals”.

TACMARS 2016〔Minsheng Campus garden of National Pingtung University 〕

 近いにもかかわらず、これまで訪ねたことがなかった臺灣での学会にはじめて参加しました。羽田からは大変便利で、臺北松山空港まで3時間程度。そこから市内に移動、高速鐵路で高雄まで到達。そのあとは特急で屏東に到着。10月下旬とはいえ、南部は街中を歩いているだけで汗ばむほどでした。学会での発表は、古代末期については西洋古典学の領域からの発表が主体で、教父を扱った発表はほかにありませんでした。とはいえ、充分に考えるべき質問をもらえたので幸運でした。
 屏東のまちなみは、大学周りの整然とした光景と、それ以外の雑然としたたたずまいが対照的でした。夜は、町中を散策し、あてずっぽうにたどりついた夜店にて、中国語をまったく解さないにもかかわらず、メニューの写真をたよりに注文した香辛料のよく効いた料理を堪能しました。また、大学の学生スタッフがたいへん丁寧に応対してくれたことが印象に残りました。

Conference talk @ Sydney

シドニーの St Andrew’s Greek Orthodox Theological College で 2年ごとに開かれる St Andrew’s Patristic Symposium 2016 “John Chrysostom” (23-24 September) において、研究成果を発表しました。学会初日 (September 23) のセッションにおいて話した論文のタイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “Deification and the Foundation of Spiritual Progress in John Chrysostom and Augustine”.

St Andrews 2016〔College from Prince Alfred Park〕

 この発表においては前回と同じく、東方教父のテクストを分析、検討した成果を発表しました。この発表を踏まえて、Theological College の雑誌 Phronema への投稿を準備したいと考えています。2回目の参加となったこの学会では、Keynote speaker として招かれた研究者との議論を通して、いままで取り組んできたテーマをさらに広い観点にもとづいて拡張する可能性に気づくことになりました。小規模の学会でしたので、友人たちとの交流を楽しみ、またざっくばらんな雰囲気のなかでの議論は大変ためになりました。つぎからつぎへとセッションを渡り歩くような大規模なファクトリーのような学会での新たな出会いの連続も刺激的ですが、一方でテーマを絞った交流のなかで自分がいま考えている問いをさらに掘りさげるためには、このような小さな交わりのほうがよいのでしょう。

Conference talk @ St Petersburg

ロシア・サンクトペテルブルクのサンクトペテルブルク・ロシア国立航空宇宙装備技術大学 (SUAI) で開かれた APECSS 第10回研究集会 (Conference Theme: Survival of Early Christian Traditions, from 9–11 September) において、研究成果を発表しました。学会2日目 (10 September) のセッション 6 において話した論文のタイトルは、以下の通りです。

  • Naoki Kamimura, “The Provisional Reception of Patristic Authors in 16th-Century Japan”.

APECSS 2016〔Helmitage〕

パリを経由しての、はじめてのロシア訪問でした。サンクトペテルブルクの街はうつくしく、観光シーズンの最後の時期になっていたのですが、さほど寒くもなく、宿舎から大学への道程もまた街中の散策も快適でした。ただし、この街のドライバーは市内でも全力疾走で、それに驚くとともに、皆が信号を守っていることにも納得でした。
 学会開催に尽力した方々、とくに Basil と Xenia に感謝。カンファレンスディナーではすばらしいジョージア料理を秘密の場所で、再会した友人 Claudia, Jenna との会話を楽しみながら堪能しました。別の日に日本から参加した人々と入ったレストランでは、最初のお通しがウォッカだったのにお国柄を感じました。エルミタージュでは数多くの名画に圧倒されるとともに、この世界的な美術館が収蔵したおおくの絵画を州立であるゆえの財政難から死蔵したままであるという説明にも慨嘆しました。
 肝心の発表においては、聞き手にとって文化的におそらく馴染みのない出来事について前提から説明をしながら、いかに論証を展開するのか、あたらしいタイプのトピックを扱ったので準備の段階から大変でしたが、刺激的な経験を積むことができました。

Conference talk @ Calgary

カナダ・アルバータ州のカルガリー大学で開かれた「カナダ教父学会」年次集会 (29-31 May) において、研究成果を発表しました。学会最終目 (May 31) のセッション 7 において、Prof. Lincoln Blumell の司会のもとで話した論文のタイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “Augustine’s Friendship and the Shared Vision: The Correspondence between Augustine, Flavius Marcellinus, and Volusianus”.

CSPS 2016〔University of Calgary〕

 学会直前に事務局からの連絡で、キャンパス内宿舎が州北部の大規模火災からの避難民に提供されるため、市内のホテルに移ってくださいということで、どうなるのかと思いましたが、至極快適なホテル滞在でした。思い返せばカナダに来るといつも大学内のドミトリーに泊まるので、市内を歩き回るのは数年ぶりでした。コンパクトなカルガリー市街はきれいなところでした。帰国前日にはいったチェーンではないコンビニエンスストアでは、十年以上前に日本に滞在していた店主と珍妙な問答を楽しみ、あとからはいってきたカナダ人から怪訝な目で見られました。
 当の発表自体は、話しの筋についてもう少しインパクトを示す工夫が必要だと思いました。また、状況説明についてもうすこし明快な導入も必要でした。よって反省材料が多い発表でした。また、2009年といえば、いまから7年前になりますが、その年にフィラデルフィアの学会の同じセッションで発表した研究者と再会しました。博士号を取得したあとのキャリアに苦労しているようで、北米アカデミアの競争の激しさをあらためて思い知らされました。