Weblog in Japanese

Workshop @ Weobley, Herefordshire

2018年3月末からイースターにかけて英国滞在、ウェールズにちかい田園の古民家に滞在、ワークショップに参加するという貴重な機会を提供された。ワークショップに先立って Corpus Christi College に滞在、翌日アンナの運転で Weobley の民家を目指して移動、夕刻民家に到着。その日から3泊して、ワークショップ、アウグスティヌスの『秩序について』De ordine について、5人で集中討議を午前と午後の部に分けて行なった。また、2日目の午後には、つぎのタイトルで簡単な発表を行なった。

  • Naoki Kamimura, “Augustine’s De ordine Revisited,” An interdisciplinary 4-day workshop on the theme “Augustine’s De Ordine: Philosophical, Historical and Theological Perspectives,” organised by Dr Anna Marmodoro, The Throne, Weobley, Herefordshire, England, uk, 26–29 March 2018

2018 Workshop

2018 Workshop

Corpus Christi のなかの部屋は快適でしたが、ワークショップ終了後に滞在した Beam Hall のほうは ensuite ではなく、だいぶ古めかしいものでした。部屋のなかで作業に集中しているぶんには問題ないのですが、資料調査の期間ぐらいが妥当なのでしょう。

2018 Workshop

2018 Workshop

イングランドの田舎に滞在するという経験はまたとないものでした。古民家は床がぎしぎしと音を立て、大振りの材木で組まれた居室は趣にあふれ、夕刻になるとおとずれた食堂ではビールとラムを堪能。3月下旬だったのでまだ肌寒さをおぼえ、暖炉ではひたすら薪を燃やしつづけながら、アウグスティヌスのテクストについて議論をするとは、まさにかのカッシキアクムを追体験するようにも思えました。最後の夜にはみなでニールが持参したボードゲームに興じました。

2018 Workshop

2018 Workshop

早朝の散策で訪れた Woebley の村外れの古い教会も静謐ななか、すてきなたたずまいでしたが、オクスフォードにもどるにあたって立ち寄った Herefordshire Cathedral Library や、Roman villa もすばらしいものでした。大聖堂の図書室では、はじめて鎖につながれて棚に並んだ古刊本を見学し、アウグスティヌスの Amerbach edition を発見しました。また、発掘された古代ローマの村では、カッシキアクムに参加した人々が集った浴場の実態がどのようなものだったのか、それを彷彿とさせる発掘跡を見学し、水利施設を含め、当時の技術をじっくりと鑑賞しました。イースターのさなかのオクスフォードでは、一日教会の鐘が鳴り響いていました。

FY 2017 GASR Outcomes

2017年度からはじまった基盤研究B「古典教父研究の現代的意義─分裂から相生へ─」 研究分担者としての研究成果は、つぎのとおりです。

  1. [Book] N. Kamimura. ‘Augustine’s Sermones ad Populum and the Relationship Between Identity/ies and Spirituality in North African Christianity.’ In G. Partoens, A. Dupont, Sh. Boodts, and M. Lamberigts (eds.), Praedicatio Patrum. Studies on Preaching in Late Antique North Africa, Ministerium Sermonis III, Instrumenta Patristica et Mediaevalia 75. Turnhout: Brepols, 2017: 429–460. DOI 10.1484/M.IPM-EB.5.114062
  2. [Book] N. Kamimura. ‘The Relation of the Identity of North African Christians to the Spiritual Training in the Letters of Augustine.’ In M. Vinzent (ed.), Studia Patristica Vol. XCVIII: Papers presented at the Seventeenth International Conference on Patristic Studies held in Oxford 2015: Volume 24: St Augustine and his Opponents. Leuven: Peeters, 2017: 221–238.
  3. [Presentation] N. Kamimura, ‘Tertullian’s Approach to Medicine and the Care of Souls’, North American Patristic Society 2017 Annual Meeting, Hyatt Regency Chicago, Chicago, IL.: 25–27 May 2017.
  4. [Presentation] N. Kamimura, ‘Tertullian’s Understanding of Sacred Places and the Differentiation of Christians from Pagans’, Asia-Pacific Early Christian Studies Society 11th Annual Conference, Australian Catholic University, Melbourne, VIC, Australia: 22–24 September 2017.
  5. [Presentation] N. Kamimura, ‘Constructing the Sacred in Late Antiquity: Jerome as a Guide for Christian Identity’, 39th Australasian Society for Classical Studies conference, University of Queensland, Brisbane, QLD, Australia: 29 January–2 February 2018.

APECSS CfP ‘Health, Well-being, and Old Age in Early Christianity’

The Asia-Pacific Early Christian Studies Society invites proposals for papers to be delivered at its twelfth annual conference to be held at Tsushima Campus, Okayama University, Okayama, Japan, from Thursday morning, 13 September to Saturday afternoon, 15 September, 2018, convened by Kazuhiko Demura. Papers are 30 minutes in duration (20 minutes delivery and 10 minutes for discussion). The Society welcomes all proposals that explore any theme relevant to the early Christian world from the New Testament to the end of Late Antiquity, and especially those that focus on this year’s theme: Health, Well-being, and Old Age in Early Christianity.

Early Christians were conscious of the impact of health and ageing on well-being. Physical old age could be both a blessing and curse. Health could be both desired and despised. They held a holistic concept of the notion of well-being, understanding it not only in physical, but spiritual terms also. In many instances well-being was viewed through the perspective of eschatology and soteriology, often in an ascetical or psychagogic context, with many Christian writers asserting the superiority of the spiritual over the physical. The relationship between body and soul, sickness and health, youth and maturity, sin and grace, was key to the promotion of a true understanding of Christian well-being. At the same time one should not dismiss insights early Christians provided on the physical aspects of health and old age.

A 150-word abstract should be sent by 30 April, 2018 to Prof. Kazuhiko Demura (demura@okayama-u.ac.jp) and Dr. Geoffrey D. Dunn (geoffrey.dunn@acu.edu.au). Further questions can be addressed to Prof. Demura. Other proposals besides the conference theme are most welcome. Papers are presented in English (or other languages as appropriate). Our practice is that conference presenters distribute copies of their papers (minus notes) in English to participants to minimise language difficulties. Presenters need to bring their own copies for distribution. Registration forms and further details will be available soon on this website shortly. There will be an opportunity for some cultural event in Okayama on Thursday afternoon. A conference dinner will be held on Friday 14 September.

For more information, go to the APECSS website.

Conference talk @ Brisbane

2018年1月下旬からブリスベンのクイーンズランド大学において開催された ASCS = オーストラレーシア古典学会に参加し、進行中のプロジェクトに関連する研究発表を行ないました。発表タイトルはつぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “Constructing the Sacred in Late Antiquity: Jerome as a Guide for Christian Identity,” 39th Australasian Society for Classical Studies conference, University of Queensland, Brisbane, QLD: 29 January–2 February 2018.

2018 ASCS

2018 ASCS

今回の学会出張に先立って、シドニーのマコーリー大学で開かれる書簡セミナーに出席し、大学構内に1泊しました。翌日、ブリスベンへ移動し、空港から UQ へ移動。キャンパスは広大で、池のほとりでは夕方になるとカモメがうるさく飛び回っていました。研究発表については、Late Antiquity session において、ヒエロニムスのテクスト分析を紹介し、質問も幾つか出たので、今後の課題です。また、論集への寄稿の準備もはじめなければなりません。

2018 ASCS

学会がおわったあとで日程にすこし余裕があったので、友人たちにコアラサンクチュアリを案内してもらいました。メルボルンの動物園ですでに見たことのあるなじみの動物が多かったのですが、気温のためなのか、このサンクチュアリの動物たちのほうが生き生きとしていました。霧雨の煙るなか、カンガルーはエサを求めて人々の回りにわらわらと集まっているものもいれば、エサに飽きてじっとたたずんでいるものも。印象的だったのは、タスマニアンデヴィルがあんなに活発に動き回っているのをはじめて見たことと、カモノハシも元気に泳いでいたことです。ディンゴはかわいらしく、まるで柴犬のようでした。

Conference talk @ APECSS 2017 Melbourne

今回で11回目となった APECSS (Asia-Pacific Early Christian Studies) Conference に参加するためメルボルンに赴きました。学会テーマは、Responses to Conflict in Early Christianity、学会二日目のセッション 1B において研究成果を発表しました。論文タイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, ‘Tertullian’s understanding of sacred places and the differentiation of Christians from pagans,’ APECSS 11th Annual Conference, Australian Catholic University, Melbourne, VIC: 22-24 September 2017.

2017 Melbourne

22日夕方からの学会にさきだって、昨年からはじまった研究プロジェクトの打ち合わせが行なわれたので、学会会場と通りをはさんで向かいのビルに空港から直接向かいました。古代末期に向かう時代のなかでユートピア概念の変遷を検討するこのプロジェクトにおいては、ヒエロニムスのテクスト群を考察するという役割を果たすことを求められているので、その点についての現段階での簡単な報告をしました。ヒエロニムスの分析の一端は、来年の ASCS Conference において試みるつもりです。

発表については、想定された質問がでたので、それに答えることになったのですが、いつも注意すべきであって今回できなかったのは、質問に答えすぎたというか、シンプルに質問に答えることができなかったということです。限られた質疑の時間のなかで説明過多にならず、相手の論点をさらに引きだす、また他の人からの質問を促すかたちでの簡潔な答えを述べるにとどめることの大切さをあらためて実感しました。

木曜日の夜に羽田を発ち、金曜・土曜・日曜の学会の後に、月曜の朝メルボルンを出国、夕方成田到着、夜に自宅到着という慌ただしいスケジュールでした。久しぶりにオーストラリアの友人たちと出会って、カンファレンス・ディナーをふくめて、いろいろと話し合うことができたのは大きな刺激となりました。少しづつとはいえ、APECSS に日本から新たに参加する人たちが出てきているのは嬉しいことです。

Conference talk @ Leuven 2017

シカゴで開かれた NAPS から一旦成田にもどり、ブリュッセルへのフライト後にルーヴァンへ移動。参加した国際学会 ‘Ocularism and the Metaphysics of Light’ において研究成果を発表しました。論文タイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, ‘Tertullian and the Beginning of the Metaphysics of Light in North African Christianity,’ International Conference ‘Ocularism and the Metaphysics of Light: Metaphors of Light and Vision across Time and Context,’ University of Leuven, Belgium: 31 May–3 June 2017.

Louvain 2017

Romero Room

これまでヨーロッパ大陸へはトランジットの関係で何回か CDG に立ち寄りましたが、はじめての訪問でした。NAPS で知り合った Matthew のオーガナイズする学会ということで申し込み、KUL の神学部内の Romero Room という部屋で開かれた学会でした。発表の後のディスカッションでは、キリスト論との関係、また古代の認識論との関係という難しい質問を受けて、あらためてこの問題に取り組む困難さを思い知らされました。Matthew とは発表後にこのプロジェクトの公刊見通しにかんして説明を受け、論文の改稿について見通しを立てることになりました。

Maurits Sabbe Bibliotheek

Groot Begijnhof

この学会は当初のもくろみから外れて、4日間の国際学会から1日だけの学会へとダウンサイズしてしまいました。それ自体残念だったのですが、それにもかかわらず参加すると表明したところ、Matthew や Prof. Anthony Dupont が大変に気を遣ってくれて、のこりの滞在期間に神学部図書館でデータベースにアクセスして、論文・資料調査を行ないたいというこちらの希望をかなえてくれたばかりか、時間を割いてランチに付き合ってくれたり、Matthew はベギン会大修道院を半日案内してくれました。Anthony によれば、大学は試験期間中で学生は大半帰省しているとのことでしたが、それもあってすこし閑散とした趣のある街中を歩き回ったのはよい経験でした。駅前にとったホテルから少し歩いたところにあった Peeters の本屋では、言われてみれば当然ですが、さほど広くない空間に初期キリスト教、教父学、聖書学の書物が棚に並んで、店内がすべてこういった書物で充満していることに驚きました。

Conference talk @ NAPS 2017 Chicago

シカゴで開かれた NAPS (25–27 May 2017) の二日目のセッション Religion/Medicine において、研究成果を発表しました。論文タイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, ‘Tertullian’s Approach to Medicine and the Care of Souls,’ paper given at the North American Patristic Society 2017 Annual Meeting, Hyatt Regency Chicago, Chicago, IL.: 25–27 May 2017.

Chicago 2017

会場がハイアットに移ってから2回目の NAPS でした。ワーキンググループ ReMeDHe (Working group for Religion, Medicine, Disability, Health, and Healing in Late Antiquity) が主催したセッションに参加し、テルトゥリアヌスの初期と中期著作における問題への取り組みについて考察しました。フロアからの質問を踏まえて、今回の発表を改稿し、南アのクリスがエディタをつとめる雑誌への寄稿を約束しました。

Narita Hotel

シカゴに参加した後は、例年であればカナダの教父学会につづいて参加するのですが、今回はいったん成田に戻って、その後はベルギーへと移動することになりました。どうしても大陸間周遊券なるものをとれなかったからです。移動のあいだも、ちょうど編集段階に入っていた教父研究会欧文号の寄稿論文の編集作業に取り組まざるをえず、シカゴから成田に戻る機内でも TeX ファイルをチェックしていました。成田の全日空のホテルの泊まった部屋から見えたのは、空港そばとは思えない光景でした。

GASR report published.

2017年2月に、基盤研究C「アウグスティヌスにおける心性の複層性と修道制への関与」の成果報告書を Kamimura, N. Disciplines and Identities, Divine and Spiritual, in Late Antiquity, Research Report Grant-in-Aid for Scientific Research (C) JP26370077, Tokyo, 2017 として刊行しました:報告書目次

なお、科学研究費助成事業データベース「KAKEN」から検索可能なこの研究課題のページにおいても、電子報告書がアップロードされる予定です。

Conference talk @ Canterbury UK

英国カンタベリーの大聖堂隣接のカンタベリー・カテドラル・ロッジにおいて開かれた国際研究集会 Ancient Thought from a Global Perspective: Human Freedom and Dignity (26-28 February) において、研究成果を発表しました。学会最終日のセッションにおいて話した論文のタイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, ‘The reception and (dis-)assimilation of patristic literature in early modern Japan,’ International Conference ‘Ancient Thought from a Global Perspective: Human Freedom and Dignity’, Canterbury Cathedral Lodge, Canterbury, UK: 25 February–1 March 2017.

Canterbury 2017

Canterbury 2017

学会オーガナイザの Prof. Karla Pollmann の招待によって、カンタベリー大聖堂のすぐ南にあるロッジで開かれた研究集会、あわせて学会前日に開かれた Post-Doctoral Fellow 主体のセミナーに参加し、また小規模のあつまりであったこともあり、濃密な議論の空間を享受することができました。EU ベースのプロジェクトに参加した人々は、英国、デンマーク、ロシア、ドイツ、イタリア、スペイン、ブラジル、チェコ、ハンガリー、日本、と多国籍で、今日のヨーロッパを中心とした人文学の交流の一端を覗くことができました。

Canterbury 2017

Canterbury 2017

初日午前に近くのアウグスティヌス修道院跡を訪ねることができたのも幸運でした。ハイシーズンでなかったので、土日しか空いてないということでした。2日目午後には、大聖堂のアーカイヴと図書館に案内されて、アルキヴィストの Mrs Cressida Williams による特別講義を受けました。古刊本修復の現場に立ち合って、この地において「雁皮」という言葉が発せられる場面に出くわしたのは一興でした。

発表した論文について刊行予定の論文集への投稿を誘われたのはよかったですが、なによりも議論のなかで今後検討すべき課題について有益な示唆を受けとることができたのがこの学会参加の収穫であったと言えるでしょう。