CfP “Hellenism, Early Judaism, and Early Christianity: Transmission and Transformation of Ideas”

The Centre for Classical Studies at the Institute of Philosophy, Czech Academy of Sciences, invites you to take part in the conference “Hellenism, Early Judaism, and Early Christianity: Transmission and Transformation of Ideas,” to be held 12–13 September 2019, in Prague. The aim of the conference is to explore the evolution of thought while focusing on the relations between Judaism and early Christianity in the context of Hellenistic period and the period immediately influenced by Hellenism. The conference will pay special attention to the intercultural distribution of decisive and long-standing questions, ideas, concepts and methods of Hellenistic and Hellenism-influenced thought.

The deadline for submission of proposals for papers is 1 May 2019.

For information, please see the document.

CfP “What did deacons do?”

The School of Theology (University of Eastern Finland, Joensuu) is planning the next international and ecumenical research conference on patristic understandings of diakonia. It will be the fourth such conference held. Our purpose is to continue the work of earlier symposia (2014, 2015, 2017), inspired by the Rome 2009 conference “Diaconia, diaconiae, diaconato.”

The topic is ‘What did deacons do?’ In this conference, we will be focusing on Late Antiquity, especially the 3rd and 4th centuries. Most of the 2017 congress, along with some additional papers, was published by Mohr Siebeck as Deacons and Diakonia in Early Christianity: The First Two Centuries (2018). Our co-operating partners are Prof. Bart J. Koet (Tilburg), Dr. John N. Collins (Melbourne), Dr. Anni Hentschel (Würzburg) and Dr. Edwina Murphy (Sydney) as well as the Finnish Association for Research in Diaconia, Patristic Society of Finland and IDC – Pro Diaconia Christi.

The conference will be held from 12–14 May 2020 in Joensuu, Finland.

Abstracts are due by 25 April 2019 and should be sent to Esko Ryökäs: esko.ryokas@uef.fi.

Please see the document for more details.

FY 2018 GASR Outcomes

2017年度からはじまった基盤研究B「古典教父研究の現代的意義─分裂から相生へ─」 研究分担者としての2018年度の研究成果は、つぎのとおりです。

  1. [Book] N. Kamimura. ‘Constructing the Sacred in Late Antiquity: Jerome as a Guide to Christian Identity.’ In B. Neil and K. Simic (eds.), Memories of Utopia: The Revision of Histories and Landscapes in Late Antiquity. London and NewYork: Routledge, 2019 forthcoming.
  2. [Book] N. Kamimura. ‘Patrons and Intellectuals: Augustine’s Correspondence with Women.’ In H. Miyaoto (ed.), Contribution of Women to Con-viviality: In/Ad Spiration to Convivials. Tokyo: Kyoyusha, 2019: 179–206.
  3. [Presentation] N. Kamimura, ‘Augustine and the quest for “peace” in the communities of Roman North Africa’, North American Patristic Society 2018 Annual Meeting, Hyatt Regency Chicago, Chicago, IL., May 24–26 2018.
  4. [Presentation] N. Kamimura, ‘Tertullian’s Way of Approaching to Medicine and the Health of Human Soul’, Annual Meeting of the Canadian Society of Patristic Studies, University of Regina, Regina, Saskatchewan, 27–29 May 2018.
  5. [Presentation] N. Kamimura, ‘North African Way of Approaching to Medical Healing and the “Plague of Cyprian”‘, APECSS 12th Annual Conference “Health, Well-Being, and Old Age in Early Christianity”, Okayama University, Okayama, Japan, 13–15 September 2018.

JSMES seminar for early career researchers @ Hongo

会員でないけれど一般枠で、西洋中世学会若手セミナー「エミリア・ヤムロズィアク氏講演会─国際中世学会への参加とグローバルな成果アウトプットに向けて─」に参加したので、私見をまじえて報告。

17時からのセミナーではまず、Prof. Emilia Jamroziak による International Medieval Congress (IMC) と Institute for Medieval Studies (IMS) についてのプレゼンテーションを聞き、そのあと18時から19時すぎまで参加者のあいだでグループディスカッションと Prof. Jamroziak への質問。まとまりがついていないが、以下箇条書きで列挙。

  1. IMC に私が参加したのは2011年の1回のみ、オーガナイズがよかった印象。今回参加するメリット(とデメリット)をいくつかプレゼンテーションのなかで列挙されていたが、それらに同意(たとえば、研究交流の可能性を多彩に提供;学会内イベントが興味深い;宿泊などがリーズナブル)。
  2. おなじ巨大学会ミシガンのカラマズー(例年5月中旬開催)を意識なさった発言あり;カラマズーに参加したことはないので比較できないが、セミナー参加者に教えてもらったところ、カラマズーはシカゴからアムトラックで2時間程度、それとくらべればリーズは市内のキャンパス開催なので、アクセスはリーズのほうがよいことはたしか;空路はもちろん、カラマズーへの場合シカゴ直行便が多数ある一方、リーズへはアムステルダムから直行便(2011年当時の参加者の情報なので今はどうなっているか);私自身はたしか CDG からマンチェスター、それから鉄路移動だったはず。
  3. カラマズーでは最近プロポーザルの事前審査にトラブル発生;巨大学会の運営はどこも難しいし、リーズもこれ以上サイズを大きくすることは難しいのでは;セミナーのなかで言及がなかったが、IMC、とくに IMS の将来について Brexit の影響がでてくるのでは。
  4. さらにカラマズーとの比較:リーズには EU からの参加者が一定の割合でいるので、それによって英語ネイティブ率がカラマズーと比較すれば低くなる。おおくの日本人には聞き取りにくい英語(個人的には母音の変化)に遭遇することもありうるが、一方で機関銃のように話すネイティブとの意思疎通に苦労することは少なくなるかも(あくまでも可能性ですが)。
  5. フライヤーをいただいたので、このポストの最後にアップロード。2020年のテーマは “Borders”、個別発表申込期限は、31 May 2019;Session Proposalの申込期限は、30 September 2019。ちなみに IMC 2020 ウェブサイト
  6. はじめて国際学会に参加するならば、巨大学会のほうがよいかもしれない;リーズの場合、個別に申し込んで一緒に組めるテーマがなければリジェクトの可能性があるが、そうでなければリジェクト率は低いし、セッションで申し込めばリジェクトされることはほぼないと考えてよい;中規模学会では(もちろん投稿後に査読があるにせよ)発表稿を出版することが CfP に記載されていれば競争率が高くなり事前審査は厳しくなるが、リーズのサイズであれば審査はむしろ緩いと考えてよい;巨大学会のほうがお祭り感が高く、たがいに知らない人が多いので、積極的に交流できれば新たなつながりができやすい(自分から話しかけるという心理的な壁を乗り越える必要大;ただしこういった人見知り感はこちら側が感じているだけでなく、通俗的なイメージでいわれるアメリカの人たちも人文系の学会に参加する人はむしろシャイな人が多い)。
  7. 国際学会の発表では、きちんと準備する発表者の割合が意外にも低いので、時間をきちんと守って用意しておけば、質問を受けることも、またそのあとの議論もうまくいくのでは;目安として、「20分の発表+10分の議論」というスタンダードの場合、原稿の語数は 2,500語程度が望ましいだろう;3,000語では早口読み上げになる可能性大;10年前の学会ではほとんどレジュメを配る人すらいなかったが、最近は増えてきた印象;テーマによっては PowerPoint を使う人も(事前に申請の必要有)。
  8. 発表に気合いを入れすぎて詰め込まない;Prof. Jamroziak によれば、”Scope of the Paper (less is more in 20 minitues) and Length (Do not overload)” ということ。彼女自身、最初の発表申込で、自分の Dissertation 要約をやろうとして失敗;この点に同意;十分に準備して、話のポイントをしぼっておくことは大切だが、どうしても発表したいポイントがたとえば5つあったとしても、時間のなかで3つに削っても丁寧に説明し、残りは議論の時間のなかで指摘があれば応答、あるいは発表後に質問してきた人と話し合えば十分;いずれにせよ、発表の敷居を高くすべきではなく、自分のアイデアについて検討してもらう場と考えたほうがよい。
  9. 2011年に参加したときは、郊外の Bodington Hall が会場・宿舎でもあったが、2013年にクローズ。うつくしいサイトだったのに残念だが、市内に移った現在のほうがアクセスの点でも、リーズ市内を歩き回ることができる点でもよいだろう;私が参加したときにはリーズの街はすべて素通り。
  10. 参加するための費用は一定必要;リーズの場合、宿泊などがパックにできるのでリーズナブルだが、かなり金額が必要と感じるはず(学生料金でも Registration に £ 126.50、4泊して ensuite でなければ £ 144.00、それに航空運賃を含むと費用捻出が大変だろう)。
  11. 費用の点でさらに問題になるのは、国際学会参加には継続性が必要だということ。1回かぎりの参加では、交流というにはむずかしく記念のままにとどまるだろうし、リーズやカラマズーをきっかけに他の学会に参加しはじめるとしても、資金をどのように手当てするかは難しい。
  12. 継続性が必要なのは、研究の現場でなにが今起こっているかを知ることが必要なため(出版社が多数参加していることに Prof. Jamroziak も言及;その場で出版されたばかりの本に触れることも、また参加している編集者と話し合うこともメリット);発表をきっかけにするだけでなく、食事を一緒にするなかで、将来の共同プロジェクトの話がはじまったりすることもあるので、流行に過敏になるというわけでなく、継続的に参加することで交流が密になってくれば、刺激になるだけでなく、研究の新たな展開を得られるかもしれない。
  13. Business Card を印刷して用意しておいたほうがよいかもしれない;はじめての国際学会発表であればむずかしいかもしれないが、すでに公刊した外国語論文があれば、抜刷を用意しておくのが望ましい;最近の人文系の研究者のあいだでは(その運営に批判があるが)academia.edu のアカウントを持っている人が多いので、そのアカウントを持っていればさらによいかも。
  14. リーズの発表は、歴史と文学が優勢のような気がする。思想系はそれほど多くなかった記憶。2011年には、福井県立の岩熊さんが呼ばれて、Prof. John Marenbon と中世論理学セッションに参加していた記憶。カラマズーについては分からないが、カラマズーとは違うかたちではじまったと聞いている Patristic, Medieval, and Renaissance Conference (PMR) は、Villanova University @ Pa.(北米アウグスティニアンの拠点)で開かれていることもあり、思想系が多め。ただし日本からだと直行便がなく、フィラデルフィアからのアクセスもすこし面倒、秋学期の真ん中ということもあって、知るかぎり日本からの参加者はわたしも含めて過去に二人。その点でも、カラマズーやリーズのほうが参加しやすいか。

セミナーで配られた資料をアップロード。圧縮していないので、ファイルサイズに注意:とくに2番目のファイルは、150MB を超えています。