研究経過

2014年度

研究初年度にあたって研究代表者・上村直樹は、研究計画にあげた課題A「古代の哲学的な生の規定は、いかに受容されるか」、ならびに 課題B「生の範型は、修道制との関わりのうちに、いかに探求されるか」の考察に着手し、研究成果を国内外の学会において発表した。そして、海外研究協力者との意見交換を通して、また研究成果の公刊を踏まえて、研究第二年度の研究の方向性を明確にすることに取り組んだ。

研究代表者はまず、2014年5月に開催された北米教父学会において、古代の哲学的な生の規定を3・4世紀北アフリカのキリスト教思想家のうちに検討した成果を発表し、ついで開催されたカナダ教父学会では、キリスト教的な生の範型について、アウグスティヌスの「書簡」のうちに考察した論考を発表した。研究者からの批評と意見交換を通して、課題AとBを相補的に検討するという本研究の妥当性について検証した。

ついで9月上旬に開催されたアジア環太平洋初期キリスト教学会、9月下旬に開催されたセントアンドリューズ神学院教父学シンポジウムでは、アウグスティヌスの「説教」において課題Bを検討した成果、そして、東方教父からの影響を課題Aに即して考察した論考を発表することによって、アウグスティヌスの著作全体のうちに本研究を展開する可能性を検証した。

年度後半には、2015年4月にマルタ共和国で開かれる北アフリカ教会の説教を主題とするコロキウムに参加する準備をすすめた。そして3月上旬には、オーストラリアカトリック大学初期キリスト教研究センターでの年次集会、3月下旬にはアメリカ合衆国アイオワでのShifting Frontiers in Late Antiquity 学会において研究成果を発表し、研究者からの批評と意見交換を通して、また、海外研究協力者との意見交換を通して、次年度に検討するべき課題についての考察を深めた。