Conference talk @ Canterbury UK

英国カンタベリーの大聖堂隣接のカンタベリー・カテドラル・ロッジにおいて開かれた国際研究集会 Ancient Thought from a Global Perspective: Human Freedom and Dignity (26-28 February) において、遂行中の科研費にもとづく研究成果を発表しました。学会最終日のセッションにおいて話した論文のタイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “The reception and (dis-)assimilation of patristic literature in early modern Japan”.

Canterbury 2016〔Canterbury Cathedral midnight〕

 学会オーガナイザの Prof. Karla Pollmann の招待によって、カンタベリー大聖堂のすぐ南にあるロッジで開かれた研究集会、あわせて学会前日に開かれた Post-Doctoral Fellow 主体のセミナーに参加し、また小規模のあつまりであったこともあり、濃密な議論の空間を享受することができました。オリゲネスの受容史を主題とする EU ベースのプロジェクトにリンクしているこの学会に参加した研究者は、英国、デンマーク、ロシア、ドイツ、イタリア、スペイン、ブラジル、チェコ、ハンガリー、日本、と多国籍で、今日のヨーロッパを中心とした人文学の交流の一端を覗くことができました。
 初日午前に、近くのアウグスティヌス修道院跡を訪ねることができたのも幸運でした。ハイシーズンでなかったので、土日しか空いてないということで、霧雨の煙るなか6世紀以来の遺構ののこる場所を堪能しました。二日目午後には、大聖堂のアーカイヴと図書館に案内され、アルキヴィストの Mrs Cressida Williams による特別講義を受けました。古刊本修復の現場に立ち合い、この地において「雁皮」という言葉が発せられる場面に出くわしたのも一興でした。
 発表した論文について、刊行予定の論文集への投稿を誘われたのはよかったですが、なによりも発表後の議論のなかで今後検討すべき課題について有益な示唆を受けとることができたのが、この学会参加の収穫であったと言えるでしょう。