Conference talk @ Sydney

シドニーの St Andrew’s Greek Orthodox Theological College で 2年ごとに開かれる St Andrew’s Patristic Symposium 2016 “John Chrysostom” (23-24 September) において、研究成果を発表しました。学会初日 (September 23) のセッションにおいて話した論文のタイトルは、つぎのとおりです。

  • Naoki Kamimura, “Deification and the Foundation of Spiritual Progress in John Chrysostom and Augustine”.

St Andrews 2016〔College from Prince Alfred Park〕

 この発表においては前回と同じく、東方教父のテクストを分析、検討した成果を発表しました。この発表を踏まえて、Theological College の雑誌 Phronema への投稿を準備したいと考えています。2回目の参加となったこの学会では、Keynote speaker として招かれた研究者との議論を通して、いままで取り組んできたテーマをさらに広い観点にもとづいて拡張する可能性に気づくことになりました。小規模の学会でしたので、友人たちとの交流を楽しみ、またざっくばらんな雰囲気のなかでの議論は大変ためになりました。つぎからつぎへとセッションを渡り歩くような大規模なファクトリーのような学会での新たな出会いの連続も刺激的ですが、一方でテーマを絞った交流のなかで自分がいま考えている問いをさらに掘りさげるためには、このような小さな交わりのほうがよいのでしょう。