Conference talk @ Saint Petersburg

ロシア・サンクトペテルブルクのサンクトペテルブルク・ロシア国立航空宇宙装備技術大学 (SUAI) で開かれた APECSS 第10回研究集会 (Conference Theme: Survival of Early Christian Traditions, from 9–11 September) において、研究成果を発表しました。学会2日目 (10 September) のセッション 6 において話した論文のタイトルは、以下の通りです。

  • Naoki Kamimura, “The Provisional Reception of Patristic Authors in 16th-Century Japan”.

APECSS 2016〔Helmitage〕

パリを経由しての、はじめてのロシア訪問でした。サンクトペテルブルクの街はうつくしく、観光シーズンの最後の時期になっていたのですが、さほど寒くもなく、宿舎から大学への道程もまた街中の散策も快適でした。ただし、この街のドライバーは市内でも全力疾走で、それに驚くとともに、皆が信号を守っていることにも納得でした。
 学会開催に尽力した方々、とくに Basil と Xenia に感謝。カンファレンスディナーではすばらしいグルジア(ジョージア)の料理を秘密の場所で、再会した友人 Claudia, Jenna との会話を楽しみながら堪能しました。別の日に日本から参加した人々と入ったレストランでは、最初のお通しがウォッカだったのにお国柄を感じました。エルミタージュでは数多くの名画に圧倒されるとともに、この世界的な美術館が収蔵したおおくの絵画を州立であるゆえの財政難から死蔵したままであるという説明にも慨嘆しました。
 肝心の発表においては、聞き手にとって文化的におそらく馴染みのない出来事について前提から説明をしながら、いかに論証を展開するのか、あたらしいタイプのトピックを扱ったので準備の段階から大変でしたが、刺激的な経験を積むことができました。